スキンケア

陰部の黒ずみは産婦人科で治療出来るの?

投稿日:2018年5月18日 更新日:

この記事では、陰部の黒ずみを産婦人科で治療することは可能なのか?について解説します。

先日ですが、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる友人に、こんな相談されました。

ちょっと言いにくいんだけど、あそこの黒ずみって産婦人科で治療できるかな?

たしかに、デリケートゾーンの黒ずみは対処法が難しいですし、結構気になりますよね。

この黒ずみですが、産婦人科で治療してもらえるのか気になります。

これ結論からお伝えしますと、陰部の黒ずみを産婦人科で治療することは可能です。

ただ、黒ずみの治療は病気ではありませんので保険適応外となります。

そのため、治療費などを含めたどんな治療を行うのか?として、

  • ケミカルピーリング:2~3万円
  • レーザー治療:1万~12万円
  • 手術:15~30万円

この3つの治療方法と金額について、詳しく見ていきましょう。

産婦人科で受けられる治療と金額とは?

産婦人科で受けられる治療と治療費はこのようになっていましたね。

  • ケミカルピーリング:2~3万円
  • レーザー治療:1万~12万円
  • 手術:15~30万円

では、詳しく見ていきましょう。

ケミカルピーリング:2~3万円

このケミカルピーリングとは、粘膜以外の黒ずみが気になる箇所に処方してもらった薬を塗って肌の表面の古い角質を取り除く治療法のことです。

クリニックの処方によっては、黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑える作用のある成分が配合されています。

そのため

、時間はかかりますがターンオーバーを繰り返すことにより、徐々に黒ずみを改善してくれる効果があります。

この治療方法に掛かる治療費ですが、約2~3万円となり、2~3週間に1回のペースで、計4~6回程度の治療回数が必要となります。

おおよその目安としては、3ヶ月程度の通院期間が必要になると予測されます。

レーザー治療:1万~12万円

デリケートゾーンの一般的な治療方法はレーザー治療です。

メスを使わずに、ピンポイントレーザーを使用して治療を行うため、とても安全な方法なのですが治療箇所によって金額が大きくなるデメリットもあります。

主にVIOラインへの治療の場合はレーザートーニングと呼ばれる治療法を行い、蓄積したメラニン色素の塊を割っていきます。

この治療にかかる金額の目安は1回の治療で1~2.5万円となり、おおよその目安としては6~10回程度の治療が必要になります。

また、大陰唇と小陰唇の治療の場合はインティマレーザーと呼ばれる治療方法で、膣内に装置を差し込んで奥から手前までムラなく黒ずみを取り除きます。

ちょっと怖いと感じてしまう場合もありますが、麻酔クリームを使うので痛みなどは感じません。

治療費のおおよその目安は1回の施術で10~25万円程度で、1~3回の治療が必要になると言われています。

また、この2つの治療を行った場合は外用薬として美白クリームが別に処方されますので、治療費にプラスして費用が掛かります。

この費用の目安が2.000円前後になります。

その他、除毛が必要な場合には除毛料金が発生します。

おおよその目安として5000円程度かかりますのでご注意ください。

手術:15~30万円

もしも大陰唇や小陰唇が肥大してしまい、常に下着にこすれている状態であれば黒ずみの根本的な原因が摩擦になるため、メスを入れる手術を勧められる場合もあります。

手術の場合は金額が大きくなるデメリットが出てしまいます。

小陰唇縮小手術

小陰唇縮小手術の場合は黒ずみの原因となっているヒダや黒ずみを取り除いて左右対称に仕上げる治療を行います。

麻酔を使用するため痛みは殆どありません。

金額は15~25万円がおおよその目安となっております。

その他に注意して頂きたいポイントとして、

  • 施術にかかる時間:30~60分が目安
  • 回復までの期間:3~7日間
  • シャワーに入れるまでの日数:当日からOK
  • 入浴できるまでの日数:1週間後からOK
  • 性交渉:1ヶ月後からOK(回復具合により1ヶ月以上となる場合もあります)

このような5つのポイントがありますので手術前に医師と相談して日程を決めていただくのがオススメとなります。

大陰唇縮小手術

大陰唇縮小手術は、たるんだ大陰唇の皮膚・シワ・黒ずみを切除する手術です。

こちらも麻酔を使用するため痛みはありませんが、おおよその目安として20~30万円の費用が必要になります。

その他に注意して頂きたいポイントとして、

  • 施術にかかる時間:60~90分が目安
  • 回復までの期間:3~7日間
  • シャワーに入れるまでの日数:当日からOK
  • 入浴できるまでの日数:1週間後からOK
  • 性交渉:1ヶ月後からOK(回復具合により1ヶ月以上となる場合もあります)

このような5つのポイントがありますので、こちらも手術前に必ず医師と相談をして頂いてから行うのがオススメです。

また、この2つの手術は数日の出血を伴う場合や、術後の痛みを止める薬の処方がありますのでご注意ください。

陰部の黒ずみの原因とは?

この陰部の黒ずみですが、どんなことが原因で陰部に黒ずみができてしまうのか気になりませんか?

原因が分かれば対処もできますし、手術になると大きなお金が掛かってしまうため原因が分かれば自身でケアすることも可能です。

そのため、陰部の黒ずみの原因について気になるところです。

結論から言いますと、この陰部の黒ずみの原因は主にこのような3つが考えられます。

  • メラニン
  • 乾燥
  • 炎症やかぶれ

では、この3つの原因について、詳しく見ていきましょう。

メラニン

陰部の黒ずみの主な原因のひとつはメラニンです。

メラニンと言えば、シミの原因ともいわれているため女性の多くがご存じの場合が多いと思いますが、じつはメラニンは紫外線以外でも起こる場合があります。

  • 摩擦
  • ホルモンバランスの乱れ

このような場合でもメラニンは蓄積されてしまい、陰部の黒ずみの原因となります。

摩擦はショーツによる擦れが原因の場合や、入浴時の洗浄・除毛による摩擦やトイレでの摩擦によるダメージなど多くの原因が考えられます。

また、ホルモンバランスの乱れによるターンオーバーの周期が乱れによる場合もあります。

そのため予防策としましては、

  • ターンオーバーが乱れないように注意する
  • メラニン生成の原因を作らない

このような2つのポイントを意識する必要があります。

乾燥

肌が乾燥することで肌のバリア機能が低下してしまい、黒ずみの原因になってしまう場合もあります。

そのためデリケートゾーンの保湿ケアもしっかりと行う必要があります。

肌の乾燥は季節の変わり目だけでなく、体調や加齢、生活習慣などでも起こるため、常に肌を乾燥させないようにケアする必要があります。

また、乾燥した状態が続いた場合、肌のバリア機能が低下してしまうのでメラニン色素が排出されにくくなってしまいます。

そのため予防策としては、肌を乾燥させないように保湿ケアをする必要があります。

炎症やかぶれ

デリケートゾーンは炎症やかぶれが起こりやすい部分でもあります。

生理や汗やムレなどが原因で色素沈着が起きてしまうと、黒ずみがどんどん蓄積されてしまうのです。

また、除毛による刺激や毛の生え初めによるチクチクが原因でかゆみが出てしまうと、無意識に掻いてしまったり、炎症が起きてしまうので黒ずみの原因になってしまいます。

対処法としては、常に通気性良く清潔な状態に保ち、肌に刺激を与えないようにする必要があります。

また、もしもかぶれや炎症が起きてしまった場合には肌をしっかりと保護してケアを行う必要があります。

産婦人科の他に陰部の黒ずみを治療できる病院ってあるの?

陰部の黒ずみを産婦人科以外の病院で治療する場合は、下記の2つの病院で治療を行っている場合があります。

  • 美容皮膚科
  • 美容外科クリニック

この2つの病院でデリケートゾーンの黒ずみを治療できます。

そのため、お近くの産婦人科で治療を受けられない場合には、美容皮膚科や美容外科クリニックにて無料のカウンセリングを受けられてみてください。

また、皮膚のトラブルなので皮膚科で治療は受けられないのか?という疑問もありますが、デリケートゾーンの治療は皮膚科の専門外となるため、多くの場合は治療が行えません。

ただ、ビキニラインなどで「かぶれ」や「炎症」が起きている状態の場合は皮膚疾患の可能性があるため、皮膚科でもある程度の治療を行える可能性はあります。

このような場合には、ステロイドや保湿剤の処方がされて、炎症やかぶれが治まった後で美容皮膚科や美容外科クリニックで黒ずみの治療を行うのがオススメとなります。

ただ、保険適応外となるため、費用が大きくなってしまうデメリットもありますのでご注意ください。

自宅でデリケートゾーンの黒ずみを解決する方法はないの?

自宅でデリケートゾーンの黒ずみを解決する方法は下記の3つがあります。

  • デリケートゾーン専用の石鹸を使用する
  • 陰部に刺激を与えない下着を身に着ける
  • デリケートゾーン専用のクリームを使用して黒ずみを解決する

では、このポイントについて、詳しく見ていきましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸を使用する

デリケートゾーン専用の石鹸を使用すると、陰部の黒ずみだけでなく臭いもケアできます。

このデリケートゾーン専用の石鹸は、ジャムウ石鹸で、消臭効果や黒ずみを解決する成分が配合されているほか、肌を正常に整えてくれる効果もあります。

ただ、この石鹸だけでは黒ずみの解決をするのはちょっと難しいので、他の方法も併用して頂くのがオススメとなります。

ちなみにですが、デリケートゾーンの正しい洗い方につきましては「vラインの黒ずみを解消出来る薬は薬局で買えるの?」こちらの記事で詳しく解説していますのでよければ参考にされてください。

陰部に刺激を与えない下着を身に着ける

デリケートゾーン専用の石鹸と併用して頂きたい方法のひとつとして、陰部に刺激を与えない下着を身に着けるのもオススメです。

じつは、下着による摩擦が原因でデリケートゾーンがダメージを受けて黒ずみになってしまう場合が多く、このような場合はいくら黒ずみ対策の石鹸や陰部の洗浄方法を変えたとしても改善が難しくなってしまいます。

そのため、シルクやコットンなどの通気性に優れていて、肌に刺激を与えにくい素材の下着に変える方法もオススメです。

また、入浴後のタオルもふわふわの柔らかいものを使用して、やさしく水分を拭き取るなどの工夫をして頂くとさらに効果的です。

デリケートゾーン専用のクリームを使用して黒ずみを解決する

一番オススメの黒ずみ改善方法は、デリケートゾーン専用のクリームを使用して肌をケアして頂くことです。

石鹸や下着だけではダメージを受けている陰部のケアに時間がかかってしまいますし、出来れば早めに改善したいというのが本音です。

また、このデリケートゾーン専用のクリームには、

  • 肌を保護してターンオーバーの乱れを整える
  • ニオイの原因菌を抑えて解決する
  • メラニンの生成を抑える
  • 有効成分を配合している
  • 肌に優しい処方になっているため安心して使える

このようなメリットがあるため、病院へ行くのに抵抗がある場合や、費用を抑えたい場合にとてもオススメです。

また、使い方も簡単なので毎日気軽にケアができるので、仕事が忙しい場合にもオススメですよ。

デリケートゾーンの黒ずみはニベアで解消できるってホント?

このデリケートゾーンの黒ずみをセルフケアする方法ですが、ニベアでも黒ずみを解消できるのか気になりませんか?

なんとなくですが「肌のトラブルにはニベアが効果的」というイメージもありますし、昔から肌のケアにニベアを使っている女性は多いため、陰部の黒ずみケアもニベアで出来るのか?と気になるところです。

結論からお伝えしますと、ニベアは陰部の黒ずみを解消することはできません。

では、ニベアがデリケートゾーンの黒ずみを解消できない理由として、

  • 黒ずみケアの成分が配合されていない
  • 肌に負担がかかる成分が配合されている

この2つのポイントについて、詳しく解説します。

黒ずみケアの成分が配合されていない

デリケートゾーンをニベアで解消できないのは、黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑制する効果や、メラニンの排出効果がないことが理由として挙げられます。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は様々ですが、主に「肌の刺激」や「乾燥による肌のターンオーバーの乱れ」が多い場合があります。

そのため、肌を保湿する効果の高いニベアでも効果があるのではないか?と思われがちです。

しかし、デリケートゾーンの黒ずみは「メラニンが作られるのを抑えて、体の外に出してあげることが必要」になるのでニベアでは黒ずみを改善するのは難しいと考えられるのです。

肌に負担がかかる成分が配合されている

ニベアの成分表を確認してみると、デリケートな部分に使うのはちょっと危険な、

  • 合成香料
  • 鉱物油
  • シリコン

などの肌に負担がかかる成分が配合されています。

このような成分が配合されているクリームを使用すると、肌への負担が多くなり「かゆみ」や「かぶれ」の原因になってしまう可能性がありますので、黒ずみの悪化に繋がる場合もあります。

また、ニベアにはデリケートゾーンのニオイの原因菌を抑える効果もありませんので、黒ずみやニオイの解消ができるデリケートゾーン専用クリームのほうが使い心地や効果を含めてオススメということになります。

陰部の黒ずみのよくある質問

女性ならではの悩みであるデリケートゾーンについての問題ですが、この陰部についてのよくある質問について気になりませんか?

女性同士でもなかなか打ち明けられないデリケートな部分である「生理中や汗をかいたときのムレ」や「不快感」また「陰部の黒ずみ」について、どうにかならないの?と思うことも多いのではないでしょうか?

そこで、陰部の悩みや黒ずみについてのよくある質問について調べてみました。

Q:痒みが出るのはどうしてなの?

デリケートゾーンに痒みが出る原因は様々で、

  • 汗やムレが原因
  • 感染症
  • 下着による刺激
  • 免疫力の低下による雑菌の繁殖

などの場合が考えられます。

Q:生理のときに痒いのはどうして?

生理のときに痒みを感じてしまうのは、

  • 肌が敏感になっている
  • ナプキンがムレてしまう

このような場合が考えられます。対処法としては、こまめにナプキンを交換するなどして、常に清潔な状態にするのがオススメです。

Q:デリケートゾーンは良く洗うべきなの?

デリケートゾーンを清潔にするのはとても大切なことです。

しかし、石鹸で強くこすってしまったり、必要以上に洗ってばかりいるとデリケートゾーンの殺菌作用がなくなってしまうため注意が必要です。

対処法としましては、デリケートゾーン専用の石鹸を利用して頂くのがオススメのほか、洗浄後は専用クリームでケアすると効果的です。

Q:痒みが酷いときは病院に行くべきなの?

あまりにもひどい痒みの場合は感染症の可能性がありますので婦人科を受診して頂くのがオススメです。

とくに女性の場合は、免疫力が低下することで性交渉以外でも感染症にかかってしまう場合がありますので注意してください。

また、下着の素材やナプキンの素材が肌に合っていないことも考えられますので見直しが必要になる場合もあります。

Q:掻き過ぎでニオイや黒ずみが悪化するのは本当?

皮膚を掻いてしまうとメラニン細胞が活性化されてしまうため、黒ずみの原因になります。

また、掻いてしまうことで肌のバリア機能が低下するため、雑菌が侵入したり繁殖してしまうためニオイの原因に繋がります。

Q:以前よりもニオイが強い気がする

年齢により、ニオイが強くなってしまうこともあります。

とくに30代以降は女性ホルモンの低下が原因で、膣内の潤い不足や痒み、膣炎になりやすいとされています。

そのため、以前よりもデリケートゾーンのケアが必要になります。

このような場合には、デリケートゾーン専用の化粧品を利用するのがオススメとなります。

Q:季節によって起こる病気はあるの?

とくに季節によって起こるような病気はありませんが、年間を通して気を使う必要があります。

そのため、常に湿気がこもらないように注意して頂く必要があります。

また、清潔な状態を保ち、デリケートゾーンのバリア機能を正常に保つ必要があります。

失敗しない!オールインワンジェルの選び方とは?

オールインワンジェルで失敗しないためには、この5つを意識をされてみてください。

オールインワンジェルの選び方

  • 肌に優しく保湿力のあるオールインワンジェルを選ぶ
  • 気軽に試せる返金保証の付いているオールインワンジェルを選ぶ
  • 衛生面が保たれる容器に入っているタイプを選ぶ
  • 続けやすい価格のオールインワンジェルを選ぶ
  • 他の化粧品と組み合わせやすいものを選ぶ

このポイントを意識することで、購入して試した後に、「あれ?ちょっと違う…」という事も無くなります。

ただ・・・。

ポイントがわかっても、条件に合うオールインワンジェルを探すのが大変ですよね。

そこで、「アラサー女子に多い肌トラブル」に、おすすめの「肌に優しく刺激が少ない」オールインワンゲルをランキングにしましたので、よければご覧ください。

→ 低刺激で人気のオールインワンランキングはこちら

 

オールインワンジェルおすすめランキング


オールインワンジェルと言っても、市販を含めた多くの商品が販売されています。

そのため、このような悩みの経験はありませんか?

どのオールインワンジェルが効果的なのかな?
たしかに、たくさんあるオールインワンジェルの中から、自分の肌にピッタリのアイテムを見つけるのは大変ですよね?

そこで、「アラサーに多い肌トラブル」や「肌に優しく刺激が少ない」、おすすめのオールインワンゲルをランキングにしました。

メディプラスゲル

毛穴ケア

1本4役でコスパの良いメディプラスゲルは、肌の潤いを逃がさずに溜め込む、新発想のオールインワンゲルです。

  • 初回限定1000円OFFの2996円(約2ヶ月分)
  • 送料無料で全額返金保証付き
  • 「化粧水・乳液・美容液・クリーム」がこれ1本!
  • 66種類の美容成分と温泉水(美肌の湯)で作られている
  • 潤いと肌の水分の蒸発を抑えて、しっとりハリ肌にする
  • アトピーや敏感肌におすすめの7つの無添加で肌に優しい
  • アミノ酸やヒト型セラミド配合でシワやたるみにもアプローチできる
  • 低コストで続けやすい

上記のような特徴のあるオールインワンジェルですので、敏感肌や潤い不足が原因の肌トラブルにお悩みをお持ちの場合は、メディプラスゲルがおすすめです。


フィトリフト

フィトリフト

たった10秒でピーンと疲れた肌にハリ感を与える、強い復元力を実現したオールインワンジェルです。

  • 初回限定60%OFFの1980円(約1ヶ月分)
  • 全額返金保証付きで、肌に合わなくても損しない
  • 1本で「ハリ不足・乾燥・くすみ・毛穴」の悩みにアプローチできる
  • 医学的理論に基づいた高機能美容成分配合で肌が元気になる!
  • 強い復元力のあるジェルが10秒で肌をピーンとしてくれる
  • ヒアルロン酸の6.14倍の潤い力とコラーゲンの3.13倍の弾力で簡単ケアができる

上記のような特徴のあるオールインワンゲルのため、潤い不足やハリや弾力などの悩みをお持ちの場合は、フィトリフトがおすすめです。


シズカゲル

シズカゲル

ヨクバリ美白で、潤い不足が原因の「乾燥・シワ・シミ・毛穴・肌荒れ」にアプローチできるオールインワンジェルです。

  • 毎回40%OFFの2980円(約1ヶ月分)
  • 送料無料で全額返金保証付き
  • 「化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック」がこれ1本でOK!
  • シミとシワアプローチできる「医薬部外品認定」+「効能評価試験済み」で安心
  • 10種類の天然由来成分で乾燥や肌荒れのケアにもおすすめ
  • WのビタミンC誘導体が毛穴にアプローチ
  • 7つの無添加で敏感肌でも安心して使える

上記のような特徴のあるオールインワンジェルのため、紫外線によるシミやシワ、乾燥や肌荒れや毛穴のトラブルにお悩みの場合は、シズカゲルがおすすめです。


 

-スキンケア

Copyright© 素敵なアラサー女子になる美容ラボ , 2019 All Rights Reserved.